スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンデジの誤解

デジカメ というのは デジタルカメラ全般 の事を指します。一眼レフ、一眼・ミラーレス、コンパクトデジタルカメラ等全部の総称です。
コンデジ は今は一般的に コンパクトデジタルカメラ の事。
デジカメ=コンデジ というのは勘違い

フィルムカメラは置いときまして、
一眼レフ ガンレフ というのはカメラボディーの中にミラーがあるもの
ミラーレス は 一眼 とは呼びますが 一眼レフ とは呼びません。
そのうちカメラはミラーレスへ全般的に移行して行くでしょうからいちいち ミラーレス とは呼ばれなくなるかもしれませんね…

ちなみに、そんな事はど~でもよくて、ここでのコンデジの誤解は~






今年に入ってからコスプレ撮影の半数はコンデジを使う様になりました。

コンデジだと背景ボケないからイイ写真が撮れない とかいう声が非常に多く、もはやそれが常識の様になっていますがそれは間違いです。
背景がボケりゃいい写真になるわけではないのは当然として、なぜそういう誤解が生じるのか…
それは、まずは超広角レンズ病等と同じで見慣れない光景に飛びつきやすいという人の習性があります。しかしこれはただ物珍しさで飛びついてるだけですぐ飽きます。

確かにコンデジは背景にもピントが合った様に見えやすく主題が背景に埋もやすいです。しかし、これは構図や光の扱いが下手なだけであって作画が下手なままその訓練をせず背景が暈せるから簡単に主題を目立たせられるからと単焦点等明るいレンズに飛びついてもいつまで経っても構図センスは磨かれません。背景がボケてる写真にも見慣れた人が感性の足りない写真を見ても 背景はボケてますね… で?他は? となってしまいます。

写真の世界、上手い人は何使ってもイイ写真が撮れる というのはよく言われますが、これは本当です。

(その人の感性・技量を見るのにコンデジで撮影させてみるといいかもしれませんね…)




なら、コンデジで魅力を感じる写真を生み出せる様に訓練するのが宜しいのでは?
コンデジだからそういう写真が撮れない のではなく、そういう写真を撮れない自分を磨く という意識に持っていけなければいつまで経っても上達はしないかと… 老婆心…

写真撮影では、その写真を使う媒体、イメージ、撮影条件等を考慮してカメラのフォーマットが決められます。コンデジだから、APS-Cだからアマチュアや初心者用 というのは完全な誤解、カメラ・写真の基本を知らない人が言う事です。
























(以下完全な脱線、苦情、意見、一切無視です)

プロの仕事でもフラッグシップと呼ばれるクソ重い機材をゴッソリ持って行ってあれこれセッティングしてガッツリ撮影したのにサブに手元にあったコンデジで撮影したカットが選ばれるという事も決して珍しい事ではないでしょう。


そういったフラッグシップ等の機材が不必要なわけではありません。依頼内容・技術・感性があり、その上にそれらの理想のイメージにより近づける為にプラスαの機材はあるに越した事はありません。
そういった内面的な事を知らず、極表面的なものだけを見て真似ていても っぽいだけの写真 は撮れてもその人の感性の、その人だからこその写真 は決して得られません。
その人だからこそ の無い写真を撮っているのはカメラマンの中でも所謂 カメラオペレーター に過ぎません。


勿論趣味の世界、撮っている本人の自己満足でOKなものでもあります。立場の違いですね…(脱線しまくって趣味の世界というよりプロの世界の事書いてたりしますが)

こんな事書いていても、自分は写真の内容に関しては完全に自己満足です。人にウケたい評価されたい目立ちたい等の趣向は微塵もありません。自分が 上手くなりたい と思う 上手く は、人に評価される写真を撮りたいというものではなく、自分が満足できるイメージをより具現化させられる事 です。








よく言い訳の様に しっかりしたカメラを使っていないとクライアントになめられる とか モデルさんに信用されない などと言ってるカメラマンがいますが、所詮その程度の底辺クライアントを相手にしてるという事を露呈してるだけです。モデルの意識共々勘違いをしている・他人の心理が見えていない事の表れでもあります。でも、今時そんな程度の仕事内容の写真だったらプロになど依頼せず自分やカメラもってる知人に撮らせてすませられるものです。そんな仕事今時無いでしょう…

機材を見て機材に依頼されている と言ってるのと同じですね… その人の写真を、人柄・感性を観て依頼されているわけではないわけで… 少なくともこれで食べて行けるわけはありませんので本当のプロにはこの程度の人は居ないでしょう。プロカメラマンの必要性はデジタルカメラ・レンズの高性能化で激減してしまいましたし昔より遥かに厳しい世界です。にも関わらず機材性能を自分の腕と勘違いして自称プロカメラマンは激増しました… と脱線~




撮影技術 という言葉にはカメラ・機材オペレーターとしての技術だけを指す場合と、撮影する人の感性と人柄も含めてトータルで指す場合とがあります。
オペレート技術は最低限な事さえあれば十分なもので感性は当然として、特に人物を撮る場合には人柄が何より重要なものになりますがこの辺の事はまたもや脱線なので今回置いときまして…



これらは”高画質”というだけの写真にもまるまる当てはまる事で機材性能からくる高画質という点に縋っているだけの写真には何も魅力がありません。今時高画質な写真は極当たり前に世の中に溢れています。
高画質なだけの写真なら今時のカメラを使えば誰にでも簡単に撮れます。犬猿猫にでも撮れます。むしろ人の目線で撮られる写真より動物にシャッター押させた方が面白い写真になるかもしれませんね…


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かつき

Author:かつき
光画・コスプレの表現。
写真には著作権・肖像権があります。

当方の全写真は無断使用禁止、最近増えてる 事後報告すればOK というトチ狂った思想も拒否。無断使用を通す場合には所轄の警察への届け出(著作権法違反)及び東京地方裁判所への提訴(損害賠償請求及び使用取り消し処分)(尚、他地裁への移送があった場合には弁護士費用も請求に含まれます)他サービス管理者への削除要請を行います。

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。