スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドールショウ41にぶらり

去年九月のドールショウから一年ぶりにドールショウ41に行ってみました~

今回もコンセプト・世界観の見られる、且つピピっとくるディーラさんで少し写真を撮らせて頂きました。

今回ブース・ディーラーさんの登録されている名前と実際の?ディーラーさんの名前とで一致しない所が重なってしまって名前がわからなくなってしまっていて… 不都合ありましたら下げますので何なりと仰ってください~


こちらのブログには引き気味・全景気味のをペタリ…

結晶標本
20140915_DS41-04.jpg


PAViLion
20140915_DS41-13.jpg

***
20140915_DS41-05.jpg


ROBIN'S EGG
20140915_DS41-24.jpg


Flickrにこのリンクからのみの限定公開で1600サイズでアップした24枚。
Dollshow 41 - Flickr (1600 / 24 Photos)


世界観のあるディーラーさんたのしかった~ 勿論ドールのディーラーさんは皆さんそれぞれ自分の好き が滲み出ているのですが、そんな中でもより世界を感じる所に惹かれるものが…




ドールを使っての写真にまたモリモリ興味が復活すると同時に、今年、かなり撮影を減らしていたのですがそれが原因でもありませんがちょっとコス写真から意識が離れ気味だったものがまた引き戻されてまた以前のモチベーションが復活しました。
あ~人も撮りたいけどドールやっぱり面白いな~~
ディーラーさんとお話させて頂いたのですがそこでもドールいいですよ~ 泥沼楽しいですよ~ と… 分かっております… 自分の場合ドールそのものの製作、衣装も小道具も大道具?も全ての製作k、メイクも… 全てが興味の対象なのでただ市販されている物を買ってちょいと維持って という程度ではとても収まるわけがないのは明白で…


でも、ドールで撮りたいイメージを人で撮る というのをやはり進めよう! となんとかドールに足を突っ込まない様に軌道調整してます…
昨今、表現もなんやかんやと制限げ増える一方で人物を使っての写真では更に発表の場が難しくなるばかりですがまぁ表現は自由なので脳内エロエロの偽善者の言う事なんか無視して自分の感性を具現化していくだけです…















スポンサーサイト

海ロケの注意~

海でのロケで一番の大敵は 風!!
海に行く前に現地の風がどうなるか気象庁で調べましょう

同時に、潮汐・海面水位も調べます。といっても、これは現地でどの高さだとどこまで来てるかを事前に知っている必要ありますが、大雑把に満潮時を注意するだけでも場所によってはロケ不可能かわかりますし…
現地に行った時から次第に海面が上がってくるのか、下がっていくのかを知る必要があります。というより、事前にそのタイミングを見てロケをする日時を決めるものです。

海でのイメージでは太陽の角度も重要なのでただのグラビアやポートレイトの様な写真ではなくシーンを重視する内容の場合太陽の方向・角度も調べておくといいです。自分は調べてそのタイミングも含めて日時・進行を決めます。



夏場は砂浜は灼熱、裸足は火傷します。
汚いところではガラスの破片やら色々落ちてます。

綺麗なシーグラスを集めるのも楽しいですがそれはおいといて…



岩場で波が打ち寄せてるとか浜でもやはり波が荒れてると海から多少離れていても空気中に微小な霧状に海水が舞っているのでレンズにフィルターを付けておく必要があります。(大抵の人はフィルター付けっぱなしでしょうけど… 私はフィルターは基本付けないので…)
レンズ交換もあまりよろしくありません…(これまた私は普通にやってますが人には全く薦められません)

心配な場合は透明なビニール袋にカメラを入れてフードの部分でテープでグルリと留めてしまうといいです。小雨や雪のロケでもこれで行けます(フードよりもフィルターのガラスの部分で留めてしまいます)。

ズームを使う人が多いしレンズ交換を最小に留めるにはズームが都合良いですが、ズームレンズは構造によってはフイゴの様に外気を吸ったり吐いたりして埃や水分、カビといった物を中に取り込んでしまうのと、もしカメラを砂浜に落としたり転んだ時に砂を噛み込んでジャリジャリ~ になるのでビニールは有効です。
転ばなくても砂浜が乾燥しているなら空気中には微細な砂も浮遊しています。これもカメラ・レンズのメカ部に進入してヤスリの様になってしまいます。

汚れたフィルターを拭く為のちり紙も…
拭く前に可能な限りエアーで飛ばして最初は非常に軽く表面にまだ残ってる砂を払う様にささっとやって(一なで毎にちり紙の新しい場所にして)から新しいちり紙で更に拭きます。表面に目に見えないような微細な砂一粒残ってても傷が付きます。
なので、海用のフィルターは安いやつで…


砂浜にレジャーシートを用意して鞄等を置いたりしますが、風で砂が飛んできて砂まみれになります。シートの風下側半分に荷物を置いて風上側の半分を折りたたんで被せたりと…

着替えにレフ板の様に折りたためる縦型の着替えテントがありますが、風が強いと煽られて使えません。風を避けられる場所を探します。
又は、外に居る人が身体を張ってテントを押さえるしかありません。
このタイプのテントを使う場合は必ず事前に折りたたみの練習を…

夏のシーズンに海近くのトイレで着替えるのに長時間使ったり等は論外です。

どこにでも侵入する釣り人です。堤防等で立ち入り禁止と書かれている所に釣り人が入ってるからと自分もOKというのも論外です。

熱中症・脱水症状対策も


入水する場合はクラゲだけでなく離岸流に最大限注意を!! 本当に命に関わります。波も暫く観測して大体こんな感じだな とわかったつもりでいてもイレギュラーな大波が突如くるのは普通にある事。


岩場ではコケの様なもの、藻とかがある場合場所によってはありえない程目茶目茶滑る所があります。慎重に歩いてもぶっ飛ぶほどに滑る事があります。こういう所で転ぶと簡単に骨折したり死んだりします…


フナムシは何も悪さしません。怖がる必要ありません。モーゼになったつもりで……




ん~ もっと簡素にまとめようと思ってたのにロケの時に気づいた事羅列していくと多い~~~~






自然は命がけ
入水しなくても海付近の空気中には微細な海水と砂が舞っている
風が強いと オワタ になる
時間と海水の位置の関係を事前に知っておく
岩場でこけると命にかかわる事も…
フナムシ怖くない
入水は離岸流に最大注意

あたりが最低限の事でしょうか…








もう一つ… これは自分が注意してる事ですが…
いつ起こるか判らない地震… 気にしてもしょうがないのかもしれませんがロケをする海はすくなくとも200mm以内に登れる高台(30m以上)がある事 を条件にしてます…


ドール写真

ドールそのもの ではなくドールを使っての写真に興味を持ったきっかけは… 8年位前でしたか、デザインフェスタに参加した時たまたま大きめのドールを置いてるブースがあり、それをスナップがてら撮影させて頂いたのが最初の興味だったかと(それ以前にももっと大型のドールに興味ありましたけど)、、 元々仕事で美術品撮影してますし、フィギュアとかの撮影も遊び的な感覚で楽しんでもいましたけどちょっと本気撮影というか、、作品として仕上げるのにちょっと興味がわきましたがまだドールを準備したりといった行動に出る程でもなく…
それに、物作りが好きなのでドールは自分で作る事になるだろうし衣装等のデザインも製作もする事になるから手を出したらとんでもない事になるのは容易に想像できてあえて距離を置いていたというのもあります。

続きを読む

お堅い人間じゃないでっせ~

また… 知らない作品の撮影を依頼しちゃ駄目なのかな~ と思われてた様で… まぁ、度々聞かれたことはありますけど… 知っている作品の世界をガチマジで撮影してる人 と思われてしまう事があるそうな~ ある意味それは正解とも言えるけど、あくまでも 撮影時に知ってるかどうか なので…

続きを読む

ついった~

ツイッターの過去TLが全部ぶっ飛んだのでついでにツイッターをギャラリーのリストとして使う事にしました~
ギャラリーブログ省いてツイッターから直接Picasaに飛ばそうかとも思いましたが、やっぱりコメントの制限も大きいし、ギャラリーブログはそのまま従来通りにします~

右のリンクの所にもありますが念の為ペタリ、、

ギャラリーリストTL

ギャラリーブログ





プロフィール

かつき

Author:かつき
光画・コスプレの表現。
写真には著作権・肖像権があります。

当方の全写真は無断使用禁止、最近増えてる 事後報告すればOK というトチ狂った思想も拒否。無断使用を通す場合には所轄の警察への届け出(著作権法違反)及び東京地方裁判所への提訴(損害賠償請求及び使用取り消し処分)(尚、他地裁への移送があった場合には弁護士費用も請求に含まれます)他サービス管理者への削除要請を行います。

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。