スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィルムフォーマットとスクリーンサイズと…

対角で大雑把にみると
35mmフィルムは約28mm
16mmは約14mm
8mmは約7mm。
35mmを10mのスクリーン投影するのとスクリーン上での同じ様な条件になるのは16mmで5m、8mmで2.5m。
(10mスクリーンは小さく普通は20mはあるからこの場合上記数値も2倍に)
観る距離も同じ比率で近づくから8mmはより近くなるとはいえ距離による見え具合の違いは考慮しない。
となると、8mmフィルムでも "ちゃんと撮ってちゃんと再生" すればかなり十分な画質だという事。一般家庭で2.5mのスクリーンといえば相当なサイズ(20mスクリーン換算なら5m)。35mmを映画館のスクリーンで観ているのと同じ様なものを家庭でなら8mmで再現出来るという事ですね…
家庭じゃ2.5m(5m)どころか1m前後のかなり小さいスクリーンで観ている事が大半だろうから実は家庭で8mmフィルムを上映するというのはかなり高画質になっているはず!
そうなっていないとしたら
撮影が下手
プリントの質が悪い
再生の機材不良
の何れかか複合によるもの。
これは写真の世界にも当てはまる事。
巷で当然の様に語られている フォーマットが小さい = 画質が劣る というのは撮影者の技量や感性不足とプリント技量不足といったものが一番の原因という事。本人はそれを認めたくないから機材やフォーマットに責任転嫁しているだけと結論。
そもそも画質云々固執しているのは技量以前に感性が未熟な為に画から感じるものが無く他に見るものないかと 画質 の方に意識が向いて重箱の隅つついてるだけという事。画質が気になる写真・映像という事は撮影者か観る者に感性が足りていない事の表れ。(写真は撮るのに感性が要るのと同じ様に観るにも感性が必要だから。撮る というのは 観る と同じ事)
スポンサーサイト

使用してるカメラメーカー ブランド

全くもって拘りありません。

よくロケのあわせで初対面の方とかに ~~派なんですね? と使っているカメラのメーカー名を言われるのですが、自分にとってメーカーはどこでもいいのでべつに ~~派 という様な意識は全くありません。

自分はピントも露出も特殊な状況下での撮影以外は全てマニュアルです。
マニュアルで自分のイメージに近い画を得るのに一番適している物を選ぶ というのが基本です。
正直ボディーの画の性能としてはどこのどのモデルでも大差ないのが実情ですし、まずレンズがあってそれを使う為にボディーを選びますので、、
なので、どこかのブランドに偏って物を言う事もしません。


そういう使い方の結果今はソニーのNEXがメインのボディーになっているだけです。
しかし、ソニーのボディーはプロ使用に耐えうる信頼性が無いので予備バッテリーや故障の保険を兼ね、レンズ交換の手間を省く(ズームレンズを使っていないので)為にも最低三台は用意(通常四台)して使用しています。
実際、ハッセルのフィルムマガジンの感覚でボディーを用意しています。

信頼性については、例えば、ソニーのミラーレスの最新モデルでフラッグシップ?の135フォーマットのα7シリーズというのがありますが、このモデルには致命的な設計上・構造上の欠陥があり、流石にこれでは駄目なのと自分の表現に135固定のボディーはさほど必要性も無いので導入を見送りました。

デジタルではAPS-Cをメインに使用していますが、これも自分のコスプレ写真での表現が こんな所でこんなコスプレしてる私 なポートレイトは殆ど求めていないので様々なバランスでAPS-Cが一番良いからです。そういうイメージが欲しい場合は135フォーマットや中判デジタルの画が得られる手法で撮影したり実際中判カメラや大判カメラを使います。

135フォーマット(ちまたではフルサイズなんて呼ばれてますが全くもって意味不明な表記ですこれ…)使わないんですか? と聞かれたりもするのですが、必要性が無いのと、デジタルではちゃんと使いこなしていればAPS-Cカメラで135フォーマットと同じ画を得る事も645クラスの画を得る事も可能なんです…

しかも、今年からはいわゆるコンデジもメイン機材に加えました。前記した様に、なんでもかんでも背景ボケボケにしてればいいってものではないしそういう写真は最近流行ってますが、それは単に見慣れていない人が物珍しさで飛びついてるだけでそれ以外内容が無い写真ならすぐ当たり前になって飽きられてしまいます…





ちなみに、ミラーレスカメラで必要な絶対条件が二つあります。一つはモニターが可動式である事、もう一つは設定した露出の明るさがモニターに反映される事。この二つのうちどちらか一つでも欠ける物は自分の使い方では全く役に立ちません。別の言い方をするならこの二つによって従来の撮影制限から開放されより一層撮影の自由度が広がります。

ファインダー無しのミラーレスの欠点としては夏のピーカンな外でモニターが見辛いというのがあります。これも使いこなせば問題なく使えますがどうしてもという人はファインダーもついてるNEX-6や7もありますし中古もだいぶ安くなりました。

未だにカメラの事をよく判っていない人は一眼レフの方が画質が良くミラーレスは劣ると勘違いしていたりしますが、カメラの構造上一眼レフはミラーレスよりも画質は落ちる要素が多いのです、、あくまでもフィルム時代の、前時代の構造を引きずっているのが光学ファインダーのクイックリターン式一眼レフですから、、




現在機材セットに入ってるレンズは ソニー ソニーZEISS ペンタックス ライツ コニカ ハッセルZEISS オリンパス シグマ ローライZEISS とバラバラです。道具遊びであれこれ使ってるわけでなく昔から気に入ってる物をその時々のデジタルカメラの特性(正確にはセンサーの特性)に合わせて選んでるだけです。






WEBギャラリーをPicasaからFlickrに移行しました~

先月Flickrが無料1TBに拡張等仕様変更でなによりPicasaと違って画像を圧縮しないのでPicasaより使い難いのですがFlickrに移行する事にしました~

現在WEBギャラリーブログの方 or ツイッターの方に六つ画像を1600サイズにしてアップし直してます。


Flickrの使い方を何人かから聞かれたので大雑把に解説も書いてみました、、
http://vocaloidgallery.blog129.fc2.com/blog-entry-32.html

こっちのブログに書くとコスと関係ない一般の人がわんさか来てしまうのであちらにアップしてあります。

ソフトフォーカス

所謂コテコテのソフトフォーカスは好きではないんですが、大判の写真関係で自分はソフトフォーカスの人で通ってしまってる面があったり… でもそれは誤り、、

逆光で撮りまくるので逆光でいい具合に被るレンズやゴーストがいい具合な物が逆光らしいシーンになるので古いレンズなんかもよく使いますが、時には逆光に鉄壁な程に強いレンズも必要で、レンズの枚数が少ない方が良いのでソフトフォーカスレンズとして設計された某単玉レンズ(正確には二枚貼り合せの一群レンズ)を改造して試して絞り込んで使ったらと期待してやってみたものの、今の所最新のレンズも含め手持ちで最強のペンタの20年以上前のマクロレンズにまったく敵わず本使用もしないままお蔵入りになったレンズを今日初めてロケで使ってみました~(長っっ)


続きを読む

ポトレ後編~

025.jpg
後編アップしました~
右リンクからどぞ~


以前、メッサーシュミットが欲しかったんですが、これで公道走るのはないな~ と諦め、、
プロフィール

かつき

Author:かつき
光画・コスプレの表現。
写真には著作権・肖像権があります。

当方の全写真は無断使用禁止、最近増えてる 事後報告すればOK というトチ狂った思想も拒否。無断使用を通す場合には所轄の警察への届け出(著作権法違反)及び東京地方裁判所への提訴(損害賠償請求及び使用取り消し処分)(尚、他地裁への移送があった場合には弁護士費用も請求に含まれます)他サービス管理者への削除要請を行います。

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。